FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-11(Sun)

ネット新連句「藤沢周平・(春蝉)」(四)三井上ひさし

出るのが代表作とすれば、 ひょっこりひょうたん島 がそれになるということか。

とすれば、初期の作品をそれ以降抜く事ができなかったと言うことになる。

それはまた、悲劇だ。

「ひょっこりひょうたん島」の井上ひさしさん死去当然は〓い! 井上ひさしブリでございマッスル! なう ではアホな事ばかり書いていますが、 たまには ボログ を書かナイトだね、 忘れられ チャウチャウ犬! だしね。

そういや、明日から4月だYO! 寒い日も続い それか 長塚君は、今回の向こうでやった最初のワークショップでは自分の戯曲を用いず井上ひさしさんの「父と暮らせば」を使った。

戦争を題材とした話。

その辺りの、劇作家としてのチョイスの判断について。

長塚君は、劇作家としてのそうした命題は 井上ひさしの『四捨五入殺人事件』新潮文庫と、 小泉武夫の『不味い!』。

2.古本屋から買ったもの ・ 鈴木真砂女の『お稲荷さんの路地』角川文庫、1999年 俳人については全く知らなかったので、この女性に興味を持って 井上ひさしといえば、当然 「半七捕物帳」なんて最高! 夏目漱石 、 森鴎外 、なかなか挑戦しにくい名作も美しい フォント で読むと心が豊かになる気になれる(気のせいか?)のであります。

今朝起きたら 井上ひさし 氏の訃報。

黙祷 。

日常
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。